坐骨神経痛の発症から良くなるまでの過程! |大阪府八尾市で整体を行う『みくに鍼灸整骨院』

みくに鍼灸整骨院

  • 営業時間
    平日|9:00~12:00/16:00~19:30
    土曜|8:30~12:00
    (受付 ~11:30まで/~19:00まで)
    定休日
    日曜・祝日・水曜午後・土曜午後

    ※当院は保険診療を行っておりません

  • 予約優先制

    0729956266

    0729956266

    お客様の声

ご予約 お問い合わせ

みくにブログ

坐骨神経痛の発症から良くなるまでの過程! 

座骨神経痛 

—–よくあるパターン—–
①ある日突然発症する!
元々慢性の腰痛であったりぎっくり腰の後に突然発症する場合が多いです。
昨日までなんともなかったのに、ある日、突然、お尻から足にかけての痛み、それも堪え難い痛みが起こります。
②整形外科などに行くがまったく良くならない!
ある人は整形外科でヘルニアによる坐骨神経痛と診断を受けて、痛み止めの薬と湿布薬を処方されて鎮痛薬を飲むがまったく効かない、あるいは少しは効いてるが、いつまでも飲み続けないといけないのか不安だと言われる。
③他にいい施術方法などはないか調べはじめる!
このままではいけないと他にいい施術法はないかと調べ始められます。
鎮痛剤などの痛み止めは、あくまでもその場しのぎの対症療法であって根本療法ではありません。
椎間板ヘルニアや坐骨神経痛を発症されておられる方は多くの場合、悪い長年の姿勢により骨盤の歪みや背骨の歪みが起こり、坐骨神経痛が発症しています。
坐骨神経痛を根本的に良くするためには、悪い姿勢や骨盤などの歪みを改善して、腰からお尻や足に続いている血管や神経の流れを良くする必要があります。
そうすることによって、お尻から足にかけての激痛やしびれが嘘のように取れていきます。
しかし、ここで終わってしまったら、また再発する可能性があります。とても重要な続きがまだあります。
ここからは次回の「みくにブログ」でお話ししていきます。

ページトップへ戻る